スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔術士オーフェン・三たび

既に各所で話題になっていますが、、、
去年あたりにこのブログでも話題にした、魔術士オーフェンシリーズの続編が
本になって発売されることが決まったそうです。詳しくはこちら

作者のサイトに連載されていた続編のほかに、書き下ろしが3本ついて
また僕が入手できなかったまわり道シリーズも収録されるようです。
あとはエンジェル・ハウリング関連が3つなど。
エンハウのほうは僕はフォローしてないんですが(^^;

受注生産式のようなので、予約しておかないと買えません。
本の予約とかしたことないんですが、その辺の小さな本屋でもできるんでしょうか?
レジに注文書持って行くだけでいいんですかね。

せっかくなので応援バナーも貼っておきます。
090830a.jpg

スポンサーサイト

フェルトケーキ

舞良さんに、可愛らしいフェルトケーキを作って頂いてしまいました。
すみともやぷらむの人形が上に乗ってますよ。
写真を撮ったのでここに載せます。
※撮影時の光の加減が微妙だったので、明るさとコントラストを少しいじっています

090821a.jpg
すみともの釣り上げたいちごを見て、ぷらむ(うさぎ形態)が身をのり出す図。

090821b.jpg
上から見るとこんな感じ。

090821c.jpg
右は、フェルトケーキと一緒に作って頂いたすみともストラップトップ。
左は以前に頂いたロールケーキストラップです。

舞良さん、どうもありがとうございました!

椅子椅子亭最終営業

先週の木曜日、8周年を迎えた椅子椅子亭が最終営業を行いました。
その時に撮ったSSの一部を以下に貼ります。
クリックすると拡大版が見られますよ。

Crusader Kings

今日はDSではなくPCのゲームの話。
2ヶ月ほど前に、GamersGateにて
Crusader Kingsとその拡張版のDeus Vultを買いました。
どちらも英語版です。日本語版もサイバーフロントから出ているのですが、
Civ4と同様にパッチ問題があるので(^^;

どんなゲームかというと、信長の野望の中世ヨーロッパ版といった感じ。
EU2で有名なParadox Interactive社のゲームで
EU2が始まる前の400年間くらい、1066年から1453年までを遊べます。
セーブデータをコンバートしてEU2に引き継ぐこともできるようですね。
ただしEU2と違い、ゲーム世界はヨーロッパ周辺に限られ
プレイできるのはキリスト教の諸侯だけになっています。

信長の野望やEU2のような一般的な戦略ゲームと大きく違うのは、
国ではなく自分の家系を繁栄させるのが目的であるところ。
遺産相続でほかの国を乗っ取ったりすることもできます。
また、普通の戦略ゲームに比べて、ランダムイベントや嫡子の能力のような
どうにもならない要素がゲーム展開に与える影響が大きく、
プレイヤーのできることは大分限られている印象があります。
能力や威信のひどい人が君主になると
国の混乱を指をくわえて眺めているしかない状況にもなりうるわけで
半分、環境ソフトだと割り切って遊ぶのがいいのかもしれませんね。
まあプレイヤーの腕の影響が小さいという意味では
難しくないゲームということもできる、のかな?

どの一族を○○公に封じようとか、誰の子孫を代々○○伯にしようとか
妄想の材料としてはこの上ないゲームだと思います。
ランダムイベントにも、誰々と恋人になったりとか
誰が誰を暗殺したりとかありますし
AAR(リプレイ)の素材にうってつけですよね。
プレイヤー担当国を積極的に動かさなくても、
他国の動向や領主の変遷を眺めているだけでも楽しいです。

AARは攻略Wikiにも何十本かありますが
ニコニコ動画にも長編リプレイが出ているのでおすすめです。
【Crusader Kings】クルセイダーキングス モンフェラート伯プレイ
この記事を書いてる時点で120回目までUPされていて、
全部で1000分を超えていると思われます。すごい。
僕もAARを書いてみようかなあ。。。

090809a.png

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。