スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11周年記念

UOの11周年記念アイテムのコードが池袋のビックカメラで売ってたので、
早速買ってきました。

11周年記念

とりあえず倒木と、厩舎代わりになるヒッチングポストを置いてみました。
倒木はなかなかいい雰囲気ですね。
ヒッチングポストは、モンバットを連れ歩くことの多い僕としては便利そうなのですが
最大30チャージのチャージ制で、補充も結構大変そうです。
補充アイテムの材料にクラーケンから出るロープが必要だそうで。。。
チャージを消費するのはペットを引き出すときだけとのことなので
預け入れ専用として使うことになりそうです。

スポンサーサイト

VMware

またうさうさ亭関連の告知ですが、次回、11/3にまた臨時営業をやります。
ただし1時間程度しか営業できないかもしれないとのことです。

さて。
今日(もう昨日だけど)から連休なので、久しぶりに初代Diabloをやることにしました。
が、このゲーム、フルスクリーンでないと動かないんですね。
攻略サイトを見ながらやりたいときもあるし、メッセンジャーとかも気になるので
できればウィンドウモードで動かしたいのですが。。。
汎用のウィンドウ化ツールも試してみましたが、うまく動きませんでした。

そこで、VMwareを使って仮想マシン上で動かすことにしました。
お試し版VMware Workstationで仮想マシンを作り、VMware Playerで動かします。
仮想マシンなのでOSが別に必要なのですが
昔使ってたWindows Meが余っていたので、それを使いました。
安定性とか心もとないですが(^^;ゲームにしか使わないのでたぶん大丈夫。

OSに続いてDiabloもインストールして起動させてみると、ちゃんと動いてくれました。
古いゲームであることもあって、速度的にも問題ないようです。
画面が640x480なのがちょっと狭い感じもしますが、まあこれは仕方ありません。

VMware上のDiablo

ついでに、信長の野望 天翔記もインストール。
このゲームは普通に起動するといちいち画面が256色モードになって鬱陶しいんですよね。
VMwareで動かせば仮想マシンの中だけを256色モードに出来ます。
これで、0人プレイを放置して別ウィンドウで作業するといったこともできるようになりました。

で、肝心のDiabloですが、仮想マシン上で走らせるだけで満足してしまって(^^;
今は、最初からウィンドウモードでできるDiablo2で遊んでます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。