スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USB-AC充電

久々にHP200LXを引っ張り出してみたら、
乾電池(エネループ)とボタン電池の両方が切れてました。
両方とも新しいものに交換。

バックアップ用のボタン電池も切れていたため、
RAMディスクであるCドライブのデータは飛んでしまいました。
以前にxcopyコマンドを使って
Aドライブ(PCカードアダプタを介してコンパクトフラッシュを入れています)に
Cドライブの中身のバックアップをとっていたので、
再びxcopyで復元しておきます。
ただ_DATフォルダのsetup.envというファイルだけは
上書きしようとするとエラーが出るので
バックアップフォルダ側から消しておかないとうまくいかないようでした。

さて、使い切ったエネループが出たので
この機にUSBエネループ充電器とUSB-ACアダプターの類を
組み合わせて充電してみることにしました。
最初に試したのはUSB ACチャージャーminiですが
充電しようとすると警告音が鳴り続け、うまく充電できないようでした。
次に、ドスパラで買った中国製のアダプターを試してみました。
こちらは音は鳴りませんが、青いインジケーターの点滅間隔がおかしく
やはりちゃんと充電できていないようです。
続いてダイヤテックのモバイルクルーザーホワイトにつなぐと、
正常に充電することができました。

USB ACチャージャーminiや中国製の方は最大出力電流が500mAなのに対し、
モバイルクルーザーホワイトは1000mAなので
これが今回うまく充電できたかできなかったかを決めているのかもしれません。
USBエネループ充電器の入力電流が500mAとのことだったので
出力500mAでも大丈夫かなと思っていたのですが、
ぎりぎりではだめなのかもしれませんね。。。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。